愛犬の豆知識

犬に関する豆知識をいろいろ紹介します。

叱り上手は褒め上手!

叱り上手は褒め上手!

ペットの躾、なかなか難しいですよね。
ついつい怒鳴ったり叩いたり…。なだめるために食べ物を与えてしまったり…。
わんちゃんの躾では「怒鳴ること」「叩くこと」は逆効果のようです。人に対する恐怖心だけが芽生え、怯えから無駄吠えが多くなったりすることもあります。大切なのは「目を見て叱り 叱った後に優しくほめてあげること。」なのだそうです。叱り上手は褒め上手、短期間で集中して行えば、ちゃんと答えてくれます。

★叱り方のここがポイント!

叱るときは 名前を呼ばないでください。叱るときは「ダメ」「コラッ」を使います。「名前を呼んで叱る」習慣を続けていると、「名前を呼ばれたから、しかられる」と思いこんでしまって、こっちに来て欲しい時に名前を呼んでも来なくなります。 同様に歯磨きや爪きりなど、犬が嫌がることをするときも名前を呼ばないようにしましょう。

マンションでわんちゃんと暮らす

マンションでわんちゃんと暮らす

マンションでは自室以外は共用部ですので、ノーリードで歩かせたりするのはやめましょうね。
エレベーター内も抱っこして、もし先に乗っている方がいたら「犬が一緒でもいいですか?」と声を掛けて、嫌な顔をした場合は階段を使いましょう。
もちろん階段も共用部なので基本的には抱っこしましょう。
共用の庭なども植木や花壇に愛着を持って育てている方がいますので、愛犬を入れるのはマナー違反です。エントランス周辺、ベランダも共用部なので排泄物や抜け毛への注意、周りの方への配慮も忘れずに。
わんちゃんの毛は強く風化しにくいので、近隣に溜まったり、洗濯物についてしまったりします。
気づかないうちに近隣に迷惑をかけていることも!近隣の方と仲良くしていると、いざというときに協力を得られます。近隣の方、家族、わんちゃん達が仲良く暮らせるようにマナーは守りましょう!

吠える=悪いではなく、吠えない=えらい

吠える=悪いではなく、吠えない=えらい

わんちゃんが吼えるのには理由があります。どうして吼えるのかを理解することが大事です。
吼える=悪いのではなく、吼えない=えらい。という風に教えてあげましょう!
吼えたら眼を見て叱ってください。吼えるのをやめない場合は下から口を押さえて眼をみて叱ってください。やめたらやさしくほめてあげてください。
これを何度も繰り返して、泣き声が「ぐふぐふ」等に変わってきたら理解してきてる証拠です。やさしくほめてあげてください。
これを繰り返していけば、吼える=ダメ、ではなく、吠えない=ほめてもらえると認識して、無駄吼えが少なくなります。
しつけの基本は、「眼をみてすばやく叱り、やさしくほめてあげること」です。短期間で集中的に行いましょう!

愛犬の悩みはいつでもご相談ください。
わんちゃんとの生活に関すること、ご相談はお気軽に当社までお問い合わせ下さい!
TEL 0287-62-1161 FAX 0287-60-7275
お問い合わせフォームはこちら

ページの先頭へ