愛犬家住宅とは

愛犬家の住まいづくりの専門家としてサポート

愛犬家住宅とは「犬にとっての快適性」と「飼い主にとっての快適性」の双方に配慮した住宅です。人が快適な家が、犬にも快適な家だとは限りません。室内犬にとって、滑りやすい床の歩行や階段の上下など、人間用に設計された住宅では、思った以上に心身への負担がかかります。また、建材に含まれる化学物質の影響、あるいは外部との遮断によるストレスで皮膚のトラブルを招くといった例もあります。
一方、飼い主にとっては犬の世話・管理がしやすい環境(専用トイレ、足洗場、専用クローゼット)と、犬の特性である体臭・鳴き声・抜け毛・噛みへの対策(においや傷を防ぐ建材、高気密のサッシ、着衣に毛が付かない間取りなど)がポイントになります。
共にストレスなく暮らすためには、愛犬の気持ちも考えながらデザインすることが大切です。 そんな、思いをUDホームがご提案いたします。

愛犬家と暮らす住まいでこんな悩みを解決します。

傷や汚れは頭痛の種。きれいな家で過ごしたい!

傷や汚れは頭痛の種。きれいな家で過ごしたい!

いちばんキズや汚れが気になる場所といえばやっぱり床。
キズや汚れに強く、掃除のしやすい素材を選ぶことがポイント。
犬が触れる高さまでの壁も上下で張り替え、取り替えやすくしたり、キズや汚れに強い腰壁を設けるなどの工夫を。

住んでいる人には分からなくても他人には分かるニオイがある!

住んでいる人には分からなくても他人には分かるニオイがある!

まずは通気換気。空気の流れを考えて犬の居場所やトイレを配置。
また、掃除のしやすい住環境にし清潔さを保ちやすくすることもポイント。
ニオイを吸着除去する調湿効果のある壁材、天井材、カーテンなどを採用するのも有効。

滑りやすい床や住まいの段差は愛犬の足腰に危険!

滑りやすい床や住まいの段差は愛犬の足腰に危険!

滑りやすい床や段差の上り下りは、滑って転んだり、足腰への負担が蓄積し重大な疾患を招くことも。
脱臼やヘルニアなどで、ちゃんと歩けなくなってしまうことも。
滑りにくい床にし段差はなるべく解消し、犬にも人にもやさしい住まいに。

愛犬の居場所を確保したい! どこにつくったらいいの?

愛犬の居場所を確保したい! どこにつくったらいいの?

犬にも自分の居場所があったほうが、精神的に落ち着いて生活することができます。寂しがりやの犬のために、快適で安心して過ごせるような専用の居場所を、リビングなど家族の集まる場所の一角に確保してあげましょう。

豊富な事例を携えてご提案します。

豊富な事例を携えてご提案します。

「犬を飼う」という視点で住宅設計・施工に関わる家づくり情報を完全網羅したプランニングガイドを使用して愛犬家が満足する家づくりを提案します。
豊富な施工&導入事例を掲載した「実践編」と建材・部材・パーツ類・犬関連用品の カタログを集約した「カタログ編」、そして各種資料・データを掲載した「データ編」をまとめたプランニングガイドは、愛犬家のお悩みや「こんなの素敵!」がきっと見つかります。

愛犬家プランニングガイドについて詳しくはこちら

ページの先頭へ